1 Comments
    赤、青りんご

    私の第一回ならざき大阪水彩講座のリンゴの絵です。赤のリンゴ難しかった~~。
    今まで家で一人で描いていたので、初めての参加でいったいどんな人が来るのだろう?
    ど素人は私だけではないか? なんと大胆な事をしてしまったんだろう。。。。。と前の夜は眠れませんでした。
    これは誰しもそう思うのかもしれませんが。。。

    緊張して最初に下色を入れて、次の赤い色を入れた時。
    あ~~~~ガックリ! なんやこれ?って感じの色になり、びっくりしたことを覚えています。
    何回か塗り重ねて一応完成しましたが、縞模様のリンゴ飴みたいです。
    青リンゴの方は、全くのビギナーズラック!たまたま成功し褒めてもらえました。

    そして休憩の後、風景に行く人もいましたが、私は野菜に挑戦しました。
    それがこの絵。

    大阪一日講座

    ナスの下地を明るいめの色を入れ、上から濃い色を入れていきます。
    それは結構上手くいって、綺麗なピカピカナスで気持ち良かったです。

    下地を一度乾かして、再度水を引いてタイミングを見て色を置いて行くという水彩技法を知ったのは新鮮なショックでした。
    「塗るのではなくて、色を置くんだ」と言われて、なるほど~~~と納得。
    ガクの縮れ模様まで描いて、「描きすぎ!」と注意された。

    それまで家で描いていたくすんだ水彩画とは大違いです。
    一生懸命の5時間で周りの人の絵まで見る余裕はなかったです。
    それから家で毎日々、リンゴばっかり描いて練習しました。

    何十個か描いたある日、ぼかしのタイミングが解り、あっこれだ!と実感しました。
    それ以来毎回うまくいくかと思いきや、そう甘くはなく上手なリンゴは描けません。

    ほんとうに「たかがリンゴ、されどリンゴ」だと思います。
    久しぶりに今日リンゴを練習してみました。
    アップできませ~~~~~ん。
    いつの日かこれがリンゴ!というのが描けたらアップしますね。

    かわべっち 2005年11月 ならざき大阪水彩講座初受講
    ---------------------------------
    大阪水彩講座についてのお問い合わせ窓口

    ▼次回大阪水彩講座の予定はコチラ
    ▼画像掲示板「水彩くらぶ大阪BBS


    ホームに戻る
    関連記事
    スポンサーサイト
    水彩くらぶ世話人
    Posted by水彩くらぶ世話人

    Comments 1

    There are no comments yet.
    クニアキ  
    No title

    やっぱり、さすがは、かわべっちさん。

    玉ねぎの次は、なすの光沢を真似しょーっと。

    しかし、リンゴは難しい、馬鹿に出来ませんね。

    これより新鮮味がある、もっと素晴らしいリンゴができるのですか。

    待っています。

    2010/02/05 (Fri) 20:52 | EDIT | REPLY |   

    Leave a reply